免許合宿のデメリット

集団生活が苦手ならストレスが溜まる

免許合宿は、通常であれば学生が複数の友人と一緒に申し込んで一気に免許取得を試みるものです。もちろん一人でも参加できますが、そこで良い人間関係を築くことができなければ非常に苦痛です。一日や二日で終わるのではなく二週間程度かかるので、その間ずっと一人で過ごすとなるとストレスが溜まります。最初の顔合わせの時に馴染めれば良いのですが、一度他の人と仲良くなる機会を逃すと厳しいです。
また、二週間前後とは言っても始めて親元を離れて暮らす人も多いかもしれません。そのような方にとっては、ホームシック等で悩む可能性があります。泊まる部屋はシングルか相部屋ですが、場所や料金プランによっても異なってきます。集団が苦手ならシングル一択です。

一気に学習する難しさ

合宿は短い期間で免許を取得するのが目的なので、その分一気に学習しなければいけません。合宿だから試験が簡単になるというのは、あり得ないのです。初めて学習する分野なのにも関わらず次から次へと進むので、集中力が求められます。しっかりと学習し、その夜は復習をするという生活が続きます。通常の教習所であれば、ゆったりと長い時間をかけて学習できます。合宿は新しい友達や、時には恋人もできるというような楽しいイベントであることに間違いありませんが、やや厳しめの日程であると認識する必要があります。楽しさばかりに目を向けてしまうと、想像と現実のギャップが大きくなってしまうのです。遊びではなく、学習をしに行くという認識が求められます。